検索
  • Admin

「震災後10年を節目としたコンクリート工学シンポジウム」 が開催されました

 2021年11月2日(火)に、「震災後10年を節目としたコンクリート工学シンポジウム」が開催されました。この様子を YouTube で一般公開しています。ぜひご視聴ください。

 

2011年3月11日に発災した東日本大震災から10年という節目を迎えるにあたり、コンクリート工学に携わる技術者・研究者は、この10年で何を行ってきたか、これからの10年で何を行うべきかを共に考えます。

基調講演「道路橋の定期点検と新技術」

  二羽淳一郎 氏(日本コンクリート工学会会長,東京工業大学名誉教授)

特別講演「 災害列島に生きるということ ─東日本大震災10周年に考える─」

  徳山日出男 氏(政策研究大学院大学客員教授,元国土交通省事務次官)

パネルディスカッション:パネリストによる話題提供とディスカッション

 コーディネーター

  睦好宏史氏(埼玉大学名誉教授,前日本コンクリート工学会副会長)

 パネリスト

  佐藤和徳氏(安藤ハザマ)

  阿波 稔氏(八戸工業大学)

  前田匡樹氏(東北大学)

  武田三弘氏( 日本コンクリート工学会東北支部支部長,東北学院大学)


詳細は[行事]-[震災後10年を節目としたコンクリート工学シンポジウム]よからもご確認いただけます。

75回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

今年震災から10年という節目を迎えたことに伴い,コンクリート工学に携わる技術者・研究者は,この10年で何を行ってきたか,これからの10年で何を行うべきかを共に考える場を設けることとしました。 シンポジウムの模様はYouTubeによるオンライン配信を行いますので,関係各位お誘いのうえ,ふるってご参加くださいますようお願い申し上げます。 詳細は[行事]-[震災後10年を節目としたコンクリート工学シンポ